【第30回(2018年)介護福祉士国家試験過去問解答・解説】問題14

特定健康診査に関する次の記述のうち,適切なものを1つ選びなさい。

1 胸囲の検査が含まれる。
2 生活習慣病(life-style related disease)の検査が含まれる。
3 がん検診が含まれる。
4 受診の後で,希望者には特定保健指導が行われる。
5 対象は75歳以上の者である。

正解:2

【解説】
『特定健康診査(特定検診)』とは“日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病の予防のために、40歳から74歳までの方を対象に、メタボリックシンドロームに着目した健診”1)のことです。

具体的な検査項目は、下記のような内容です。

(厚生労働省:『特定健康診査・特定保健指導の円滑な実施に向けた手引き(第3版)』(2018年3月)より転載)

1=×:メタボリックシンドロームと診断する場合、胸囲ではなく「腹囲」が必須診断基準項目で、これに加え「血圧」「空腹時血糖」「脂質」の基準のうちいずれか2つ以上が当てはまることが条件となる2)ため、この選択肢は誤りです。

(出典:国立国際医療研究センター糖尿病情報センター:『メタボって?』)

2=○:正しい記述です。
3=×:特定検診にはがん検診は含まれていないため、この選択肢は誤りです。なお、がん検診は別途申し込みが必要となります。
4=×:特定検診を受けた結果、受診者はそのリスクごとに「階層化」され、特定保健指導の対象者が選定されます受診者の希望により指導を受けるわけではないため、この選択肢は誤りです。
5=×:特定保健指導の対象者は40~74歳ですので、この選択肢は誤りです。

TIPS・参考文献
高血圧症・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病の原因となる『メタボリックシンドローム』は基本的な疾患であるため、医療・介護従事者としてきちんと理解をしておきましょう。
1)厚生労働省:『特定健診・特定保健指導について』
2)国立国際医療研究センター糖尿病情報センター:『メタボって?』

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!