【第30回(2018年)介護福祉士国家試験過去問解答・解説】問題5

「2016年(平成28年)国民生活基礎調査」(厚生労働省)による世帯状況に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。

1 「夫婦と未婚の子のみの世帯」,「単独世帯」,「夫婦のみの世帯」のうち,最も多い世帯構造は「夫婦のみの世帯」である。
2 「高齢者世帯」は全世帯の30%を上回っている。
3 世帯類型別にみると,母子世帯」の割合は,5%を上回っている。
4 65 歳以上の「単独世帯」では,男性よりも女性が多い。
5 65 歳以上の男性の「単独世帯」における年齢構成では,男性は75~79歳が最も多い。

正解:4

【解説】
介護職がケアを提供する世帯についての基本的な知識を問う問題です。
利用者がどのような状況におかれている人が多いのかを理解し、その人にあった支援を行うことが求められています。

1=×:2016年時点で、<日本で最も多い世帯構造は「夫婦と未婚の子のみの世帯」(29.5%) である。ついで、「単独世帯」(26.9%)、「夫婦のみの世帯」(23.7%)となり、この選択肢は誤り。

(厚生労働省:『平成28年国民生活基礎調査の概況』より引用)

2=×:「高齢者世帯」の割合は全世帯の26.6%であり、30%は上回っていないため、この選択肢は誤り。
3=×:「母子世帯」の割合は1.4%であり、この選択肢は誤り。
4=○:65歳以上の「単独世帯」では,男性よりも女性が多く、この選択肢は正しい。

(厚生労働省:『平成28年国民生活基礎調査の概況』より引用)

5=×:65歳以上の男性の「単独世帯」における年齢構成で、男性が最も多いのはは65~69 歳であり、この選択肢は誤り。

参考文献
1)厚生労働省:『2016年(平成28年)国民生活基礎調査』

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!