『アドボカシー』―患者の意思決定に寄り添うために

アドボカシーは“権利擁護”の意味で、自分に行われる治療などを決定する際、専門職ではない患者・利用者やその家族などの利益や権利を守るために代弁することです。

患者相談室や退院時共同指導などで患者の意思決定を支援する看護師や、社会的弱者へ適切な支援を行う保健師などで特に求められる概念です。

参考文献
1)成木弘子、藤井 仁「地域医療ケアシステム構築における保健所保健師の関与の特徴」保健医療科学 2018 Vol.67 No.4 p.382-393
error: Content is protected !!