【第33回(2019年)管理栄養士国家試験過去問解答・解説】問127臨床「腸疾患の栄養管理」

33-127 腸疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)潰瘍性大腸炎では、白血球数の低下がみられる。
(2)クローン病では、チャイルド分類で重症度を評価する。
(3)イレウスでは、経腸栄養法を選択する。
(4)たんぱく漏出性胃腸症では、高たんぱく質食とする。
(5)過敏性腸症候群では、抗TNF-α抗体製剤が用いられる。

正解:4

【解説】
1=×

2=×

3=×

4=○

5=×


解説内容が良いと思って下さったら、ぜひ下のいいねボタンを押して下さい!いいねを頂けると、解説を書く励みになります。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!