【第34回(2020年)管理栄養士国家試験過去問解答・解説】問119臨床「肥満における超低エネルギー食(VLCD)」

34-119 超低エネルギー食(VLCD)に関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

(1)対象は、BMI 35.0 kg/m2 以上とする。
(2)治療食は、外来通院で開始する。
(3)期間は、6か月継続する。
(4)目標エネルギー量は、1,000 kcal/日に設定する。
(5)たんぱく質の必要量は、0.8 g/kg 標準体重/日に設定する。

正解:1

【解説】

超低エネルギー食療法(VLCD;Very Low Calorie Diet)とは、600 kcal/日以下のエネルギー量となる食事療法で、半飢餓療法とも呼ばれます。

1=○:日本肥満学会による『肥満症診療ガイドライン2016』では、BMI 35.0 kg/m2 以上は高度肥満に当たり、20~25 kcal/kg標準体重/日の食事制限や運動療法の実施後に改善が見られない高度肥満に対しては、肥満症治療食として超低エネルギー食療法(VLCD)を導入するとされています。

2=×:超低エネルギー食(VLCD)は低血糖などのリスクがあり入院時に行うため、誤った選択肢です。

超低エネルギー食(VLCD)は600 kcal/日以下と極度にエネルギー量を制限するため、入院して医師の監視下のもと実施します。

3=×:超低エネルギー食(VLCD)の実施期間は1~3週間程度の短期間が推奨されるなため、誤った選択肢です。

超低エネルギー食(VLCD)を長期間実施すると、脱毛などのおそれがあります。

4=×:超低エネルギー食(VLCD)は600 kcal/日以下の食事を指すため、誤った選択肢です。

5=×:超低エネルギー食(VLCD)実施時は、エネルギー量を制限に伴いたんぱく質などの栄養素が欠乏しないよう、たんぱく質制限は行わないため、誤った選択肢です。

たんぱく質が欠乏することで、窒素バランスが乱れ、筋肉量が低下するなどのおそれがあります。


解説内容が良いと思って下さったら、ぜひ下のいいねボタンを押して下さい!いいねを頂けると、解説を書く励みになります。

0
error: Content is protected !!